通関士に向いている人|IT関係の仕事は積極的な採用も増えている未来が明るい仕事

貿易の仕事は資格が役に立つ

貿易関係の仕事に興味のある人は、あらかじめ貿易の仕事で便利な資格を取得しておくと良いかもしれません。面接の時は、知識とスキルを証明する手段にもなります。

貿易関係の仕事で使える主な資格

通関士試験

貿易関係の仕事で最も有名な資格といえます。通関士試験は貿易関係の資格ではただ1つの国家資格です。難易度が高く、専門の学校へ通い取得する人が多くいます。

貿易実務検定

貿易に関する知識と能力を問われる検定で、貿易関係の仕事ならばどこでも使える検定です。C級からA級まであり、A級取得者は4年以上の実務経験レベルがあるといわれています。

安全保障輸出管理実務能力認定試験

長い名前ですが、こちらの安全保障輸出管理実務能力認定試験も貿易関係の仕事で活躍してくれる資格です。初級と中級があり誰でも受験することができます。

日商ビジネス英語検定

貿易関係の仕事には、英語スキルが欠かせません。そのため、日商ビジネス英語検定を持っていても損はありません。1級から3級まであり、ビジネス英語の知識とスキルが必要とされます。

通関士に向いている人

男の人

事務作業が得意

通関士は、事務作業がメインの仕事になります。そのため、事務作業が苦にならず得意な人が向いています。事務作業には、高い集中力と正確性が重要です。コツコツと仕事をこなせる自信のある人は転職しても上手くやっていけるでしょう。

国同士の取引に興味がある

通関士は、日本と海外をつなぐ大切な仕事です。日本の輸出入のカギを握っている仕事なので責任も大きいですが、国同士の大きなスケールでの取引はやりがいにもつながります。海外事情や国際取引に興味のある人は、通関士の仕事に向いているタイプです。

コミュニケーション能力が高い

通関士の仕事は事務作業がメインですが、それと同時に様々な人と関わる仕事でもあります。例えば、お客様から情報を聞き出したり、お客様へ商品の説明を行わなければなりません。そのためコミュニケーション能力は必須といえます。高ければ高いほど通関士として活躍しやすくなります。

分析するのが得意

通関士の仕事は海外との取引なのでトラブルも多く、通関士としてのスキルが試される場面がいくつもあります。書類の分析やトラブルの対処など、分析能力が高い人の方が通関士としては良い仕事をすることができるでしょう。