貿易事務の仕事|IT関係の仕事は積極的な採用も増えている未来が明るい仕事

転職前に知っておきたい貿易事務の基礎知識

未経験でも挑戦できる仕事

求人の半分近くが未経験でも採用可能となっている貿易事務の仕事は、転職先としても人気の職種です。貿易事務について知識を深めましょう。

勤務先で変わる貿易事務の仕事内容

商社やメーカー

商社やメーカーで貿易事務員として働く場合は、外国との交渉や受発注が主な仕事内容になります。それと同時に輸出入の書類作成や提出も行います。

フォワーダーや船会社

いわゆる物流コーディネーターという仕事になります。輸出入では、必要不可欠な貨物輸送の最適なルートを見つけます。トラブルが起きないように関連会社との交渉も大事な仕事になります。

海貨業者や倉庫会社

海貨業者や倉庫会社で貿易事務として働く際は、輸出入される貨物の書類作成や船への積み込み、荷降ろしなどが主な仕事内容になります。商社やメーカーから仕事の依頼をもらいます。

貿易事務の仕事

履歴書

輸出入に関する仕事

貿易事務は、貿易に関する事務作業がメインの仕事になります。国内とは違って、国外との取引は様々な規制や法律が絡み複雑な手続きが必要になります。その取引のサポートをする仕事です。輸出入に関する知識やコミュニケーション能力が求められます。

具体的な仕事内容

貿易事務の具体的な仕事内容は、輸出入に関する資料と書類の作成です。事務作業がメインとなります。他にも受発注や来客対応、電話やメールでの応対も必要になります。これらの仕事で使う言語は英語がメインとなるため、高い英語力が求められます。

どうやって就職する?

貿易事務は、新卒から転職者まで需要のある人気の仕事です。貿易事務へ就職希望の方は求人を探すことから始めます。転職情報サイトにも多くの貿易事務の求人が載っています。また、派遣会社も貿易事務の仕事を受けもっているところがあります。まずはインターネットを使って調べてみましょう。

未経験でも就職できるのか

貿易事務に未経験で転職したい方は数多くいます。もちろん未経験の応募者よりも経験豊富な応募者の方が採用されやすい傾向にありますが、未経験でも十分採用してもらえるのが貿易事務です。未経験で貿易事務の仕事を始めたい方は、高い英語力やコミュニケーション能力、有利になる資格の保有などをアピールするようにしましょう。